上司・姑・ママ友…上手な誘いの断り方を考えてみた

こんにちは!おかわりです☆

突然のお誘いを受けることって、日常の中でたびたびありますよね。
本当は気乗りしなかったけどなんて断ればいいのかわからず、誘いをうけてしまい後悔する…
そんな経験、ありませんか?

筆者はずばりあります!
誘いを受けてしまってからもずっと気にしてしまったりしてすごくストレスを感じてしまったことも。

いつも相手の言い分ばかり受け止めるのは負担だけど、断って不快な思いをさせるのも気がひける…。

そんな風に悩んでる方って、結構多いのではないでしょうか。

そこで今回は上手な断り方を考えてみることにしました。

スポンサーリンク

上手な誘いの断り方にはパターンがある

そもそもなぜ断りづらいと感じるのか?
その理由は大体

相手が自分より年上・目上の立場の人だ
自分が相手をあまり好きではない

上記のどちらか、あるいは両方にあてはまるのではと思います。

またあまり好きではなくても、付き合いを続けていかなくてはいけない人間関係は仕事、結婚、子どもの幼稚園関係に多い印象です。

例えば上司から仕事後に飲みに誘われたり、そこまで仲良くないママ友から子どもの習い事の見学に誘われたり、お姑さんから突然自宅に訪ねていいか連絡がきたり…

こちらを気にかけて声をかけてくれていることはありがたい…。
ありがたいし分かっているけれど、いつもだと正直迷惑なお誘い。

これらを上手に断るためのフレーズにはパターンがあることに気がつきました。

そのパターンとは

  • 最初にNOを言う
  • 誘いを受けられなくて残念という気持ちを伝える
  • 誘いを受けられない理由を言う
  • 代わりの案を出す

ということです。

1つずつ解説していきますね。

最初にNOを言う

とにかく一番初めにNOを伝えましょう。結果から言う。ってやつですね。
言いにくいことは一番初めにサラッと言っちゃいましょう。

誘いを受けられなくて残念という気持ちを伝える

行けなくて残念なんですけど…。
せっかく声をかけてもらったのですが…。

など具体的な理由を言う前にワンクッションおく。ということです。
相手に断られる準備ができますし、言葉でなく表情で悔しがるとそれだけで察してくれる場合もあります。

誘いを受けられない理由を言う

前々からの約束が入っている、とか家庭の事情で、とかここは噓も方便、大人の知恵です。

断る相手にもよると思うのですが、あまり具体的な理由を言うと余計に噓とばれやすくなるので適度にぼかして伝えられるといいですね。

代わりの案を出す

今日はダメだけど、○○日ならOKです。
今回のように急だと難しいですが前もって連絡をいただければ、など次回につながる言葉を伝えると断られた方も納得してくれる気がします。

ただ、本当にもう誘われたくない場合、筆者ならこの部分は言いません。(笑)
理由を言って本当にごめんなさい~で済ませてしまいますね。

スポンサーリンク

自分で人間関係を選んでいく

気乗りしない人間関係に頭をなやますのって、時間のムダだと思いませんか?

いきなりどうした、と思うかもしれませんが(笑)
時間は有限。
どうせなら有意義なことに使いたいですよね。
今でも完全に悩まなくなったわけではないですが、以前よりはNOと言えるようになった今はそう思うんです。

誰からも嫌われたくない。
相手に良く思われたい。
今後も続くであろう人間関係に、なるべく波風をたてたくない。

など断れない理由はいろいろあると思いますが、

そもそも自分を押し殺してまで好かれたい相手なのか?
ストレスをためてまで維持したい関係なのか?

というような視点から考えたときに、決してそうではないと思います。

少しおおげさなことを言っちゃいます。

言うべきときにきちんとNOを言える、というのは自分で自分の人生を選択する・責任感を持つということに繋がっていくと思います。

筆者には小さな子どもたちもいるのですが、その子たちにもNOと言えずにストレスをためるよりは、時には敵を作ることになったとしても、自分の気持ちをきちんと伝えられるようになってほしいと思います。

また、そういった姿勢を子育てをするうえでもみせていきたいと思っています。

上手な断り方をテーマにお話ししてきましたが、

断ってもことわってもしつこく誘われてしまう…そんなときには
シンプルにはっきりと誘いを受けるつもりはないことを伝えることが必要だと思います。

人生ときには戦わなければいけないときもある。
ってことなんだと思います。

さいごに

筆者は決して人づきあいがうまいタイプではありません。
ストレスで頭にいくつも円形脱毛症ができたりしたこともありますし、今でもたまにお姑さんとの距離感に頭を悩ませていることもあります(笑)

この記事は同じようにストレスを抱えてる方が見て下さったときに、少しでも気持ちが楽になればいいなと思い書きました。

ただ相手によっては断ったときに激怒したり、場合によってはもっと嫌な思いをする可能性もありますので実際に実行するかどうかの判断はあくまでも自己判断でお願いしますね(^^ゞ

人生はいちどきりです。
少しでも心地の良い毎日にしていきたいですよね。

それでは
最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

スポンサーリンク

コメント