2019年10月からの保育料無償化って誰が対象なの?私たちの暮らしはどう変わるの?

2019年10月から保育園の保育料無償化が決まりました。

でも、これって結局いいことなの?
子どもたちへの影響はないの?
など、小さいお子さんをお持ちの方なら気になりますよね。

すでにネットではいろいろな意見がでています。
筆者と同じように気にされている方も多いニュースなのではないでしょうか。

そこで今回は現時点で決まっていることや、メリット、デメリット、個人的な考察などを書いていきたいと思います。

学のないアラフォー主婦の考察ですが、良かったら見てみてくださいね(笑)

スポンサーリンク

そもそも保育園無償化って誰が対象なの?

2018年現在も生活保護世帯やひとり親世帯などは保育料無償です。
が、2019年10月からは以下の通りになる予定です。

  • 認可保育園・幼稚園・認定こども園は3~5歳児は全ての世帯
    0~2歳児は住民税非課税世帯の無償化
  • 認可外保育園も3~5歳児は上限37000円
    0~2歳児、住民税非課税世帯は上限42000円で補助金が出る

住民税非課税世帯というのは世帯人数にもよりますが年収250万以下の世帯が対象になる場合が多いようです。

幼稚園は預けられる時間が短いという声もあったようですが、標準時間外の預かり保育の時間も対象になるようです。

まとめると住民税非課税世帯の0~2歳児以外は保育料が無料、または補助金がもらえるということになります。

0~2歳児は無料じゃないんですね…。
まあまだ幼児じゃないし(乳児?なのか?)手もかかりますからね。
仕方ないのかもしれませんね(笑)

保育料が高いのは0~2歳児ですけどね…(´∀`*)ウフフ☆

同じタイミングでアレがはじまる…

全ての世帯が平等に幼児教育を受けられるようになるのなら、子どもたちにはメリットがあるといえるのかもしれません。
筆者も最初は単純に、無料になるんだ~嬉しい(^^♪
と思いましたから(笑)

でも消費税が同じタイミングで10パーセントに上がりますよね・・・!
単純に考えて、お給料が上がらなければその分手取りが減るってことになりませんか?
これって、結局出費変わらないですよね(笑)

子育て世帯以外の人は、特にメリットもなくまた税金があがるわけですから、「ずるい」なんて言いたくなるのもわからなくもないなと個人的には思っちゃいます。

スポンサーリンク

なんで無償化にしたんだろう?政府のねらいを考えてみた

知り合いのファイナンシャルプランナーの方に聞いた話があります。

皆さんは一番買い物をしている人ってどんな人かわかりますか?
正解は子育て世帯なんだそうです。

確かに妊娠から出産までもお金が何かとかかりますし、無事に出産してからも日々成長していく子どもへの出費は尽きることがありませんよね…。
新しい車を買ったり、新築住宅の建築もこの世代が多いです。
(ちなみに筆者は女性!と答えてそのFCさんを苦笑いさせました(笑))

少子化問題がずっと解決されないことが、消費低迷の大きな原因になっていると仰っていました。

このはなしを聞いてから保育園無償化のことを考えてみると、政府の人たちにもっと子どもを産んでって言われているような気がする筆者です。
(あくまでも個人的な意見です)

無料で預けられるようにしたよ!
だから産んで!
で、働いて!

というような声が聞こえてくるような、こないような。
(しつこいですがあくまでも個人的な意見です。)

子育て世代が増えれば消費は上がっていくのかもしれませんが、保育園が無償化になるだけではたして皆さん、子ども産むでしょうか…

もちろん他にもねらいはあるのでしょうし、複雑にいろいろな問題がすでに絡まりあっている日本。

無償化が本当にスタートするのなら、少しでも良い作用が広がるといいですよね。

 

さいごに

いろいろな意見があると思いますが、皆さんはどう思いますか?
実際の実地はまだ先なので、これからも何か内容が変更されたりするかもしれませんね。

個人的に気になっていることなので、普通のママ目線ですがまた実地されたあとなど追記していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク

コメント